太陽光発電とは?|太陽光発電の設置費用を複数業者に一括見積り依頼!

 
太陽光発電とは?

HOME>太陽光発電とは?

太陽光発電のしくみや設置メリットをご説明します。
また、太陽光発電の買取制度、設置費用の回収についてご説明します。

太陽光発電とは?

太陽光発電のしくみ

太陽電池は半導体の一種で、光エネルギーを光を即時に電力に変換して出力されます。このため太陽光を受けている間だけ電気を発生されます。
人工衛星に搭載されたりなどしてきましたが、これまでの技術開発により、光から電気にかえる効率(変換効率)が向上し、コストも下がってきたため、一般家庭用の電源としても普及し始めました。太陽電池は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素や有害な排気ガスを出さず、太陽がある限り発電をし続ける、全くクリーンな発電装置です。

太陽光発電設置のメリット

発電された電気は家庭用の電力(自家消費)として使用できるので、電気代を安くでくきます。さらに、自家消費を上回った発電電力は、電力会社が買取してくれます。毎月電力会社がメーターを検針し、売電した分の電気代が口座に入金されます。夜間や日の照っていない日は、電力会社から購入する必要があります。請求より入金額が多ければ黒字ということになります。

太陽光発電は、既に実用的なエネルギー源であり、今後起こりうる化石燃料の価格高騰化などの影響を軽減することが出来ます。また、災害時でも太陽が照っていれば、発電できるため電気を使うことも出来るため非常時に心強い存在にもなるでしょう。

日々のメンテナンスは不要です

パネルについた汚れは風雨によって洗い流されるので、何もする必要は有りません。ただし、鳥のフンや落ち葉が大量に積もった場合は取り除く必要が有ります。
システムの寿命も比較的長く、現在、太陽光発電に用いられる太陽パネルの期待寿命は20年以上とされています。ただし定期的なメンテナンスは必要なので、しっかり行うことで長く家計にも環境にも優しい生活をすることができます。

太陽光発電の買取制度

「エネルギーの供給事業者による非化石エネルギー源の利用及び化石エネルギー原料の有効な利用の促進に関する法律」により、家庭や事業所などの太陽光発電から発電された余剰電力を、一定の価格で買い取りをしてくれる制度がスタートしました。

買取価格は、一般住宅は42円/kWh、事務所や工場などは40円/kWh※ など、条件によって設定されています。買取費用は、電気料金に上乗せされ、すべての電力利用者が公平に負担する「全員参加型」の制度となっています。 ※平成24年度4〜6月

太陽光発電の買取制度の概略図

太陽光発電の買取制度の概略図

設置費用の回収について

太陽光発電の導入費用の回収は、個々の家の電気使用量や日照時間により、回収年月が変わってきます。そのため、現状の電気の使用料を把握し、導入後の生活でかかる長期的な視野で、どの太陽電池を利用するかを導入前によく検討する必要があります。
また、導入後も定期的なメンテナンスを行う必要があり、故障した状態では当然発電量も下がります。太陽光発電導入には、「何年で初期費用を回収できるか」をよく検討して設置しましょう。

太陽光発電システムの経済効果算出式

太陽光発電システムの経済効果算出式(設置価格とメンテナンス費用-補助金)+導入費用 削減出来る年間光熱費=回収に要する年数

例えば、設置価格が金額250万円、メンテナンス費用10万、補助金が20万だった場合の導入時にかかる金額は240万円になります。月1万5千円光熱費が削減出来れば、年間削減光熱費は18万円となり、回収に要する年数は240万円/18万円=約13.4年になります。

発電量について詳しく知りたい方は
京セラ住宅用ソーラー発電シミュレーション」や「シャープ発電量シミュレーション」で、発電シミュレーションをすることができます。

太陽光発電の無料一括見積りはこちら

PAGE TOP