販売・施工会社の選び方|太陽光発電の設置費用を複数業者に一括見積り依頼!

 
販売・施工会社の選び方

HOME>販売・施工会社の選び方

たくさんある太陽光発電システムの販売施工業者の中から、最適な会社を選ぶためのポイントをご紹介します。太陽光発電は、長い期間利用するシステムですので、業者とは長い付き合いになります。このため、業者選びは太陽光発電の導入の重要なポイントになります。

あなたの生活に最適なメーカーやプランを提案してくれるか?

太陽光発電システムの販売施工業者には、住宅設備関連事業者や専業社、家電量販店など、いくつかのタイプがあります。

施工をすべて自社内で行う会社、屋根工事業社や電気施工業者と連携して行っている会社があります。大事なのは施工やサービスの質で、依頼する前に確認しておくと安心です。
販売・施工において責任を負うのは販売窓口である事業社で、事業社の営業マンは、施工内容を把握し、お客さんの細かな疑問などに対して回答できる知識を有しているはず。営業マンが「施工については別業者なのでよくわかりません」と答えるときは、契約は考え直したほうがいいでしょう。

見積りやシミュレーション結果が正確であるか?

太陽光発電はメーカーやタイプなど多種多様です。その中から最適なシステムを提案するには、実績に裏付けされた経験や知識が必要です。いくら会社がしっかりしていても、説明の担当者に知識がなければ、最適なプランをご提案できません。
事前の説明よりも設置後の発電量が多くなることを考えて予想発電量から安全係数を差し引いたシュミレーションを元にご提案する業者が良心的と言えます。

施工の体制は?

一部の施工業者は、独自の施工部門を持たず、全て外注としているケースがあります。そういった業者は、施工能力を持たないため、工事を細かに監理することが出来ず、技術面で不安が残るだけでなく結果的に不具合を残しやすいと言えます。また、独自の施工部隊がありませんから、施工業者とのトラブルが発生するなどした際に自社で責任を持って再施工をする等といった対応は出来なくなってしまいます。施工の体制は会社によって異なります。事前に確認をすることをお勧めします。

アフターフォローやメンテナンスの説明は十分か?

一般的に、太陽光発電は10年間の出力保証が製造メーカーで保証されています。ただし、火災や落雷、ひょうといった自然災害や施工業者の施工上の瑕疵に対して補償がされていない場合が多いです。もしもの時のためにそういった補償までケアしている会社であれば安心です。
太陽光発電の無料一括見積りはこちら

PAGE TOP